忍者ブログ

forex tester2のインディケーターを自作

fx(外国為替証拠金取引)のトレードの練習やルールの検証をForex Tester 2というソフトでしてみます。 Meta Trader4(MT4)のインディケーター(indicator)をForex Tester2用に移植できたらしてみます。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


練習1 時刻表示インディケーター その2

間違えているかもしれませんが前回のコードの説明を少しします。

DateUtils は時間を扱う関数を使用するので記述しています。

HOUR というグローバルのバッファに表示する値(0-23)をいれます。

Init関数はインディケーター読み出し時に実行されます。
何故か Forex Testerを起動した時にも呼ばれています。

ow_SeparateWindow でオシレーターウィンドウに表示しします。
ちなみにow_ChartWindowでチャートウィンドウに表示します。

SetFixedMinMaxValues で上限と下限を指定します。
時刻をバッファに設定しています。

CreateIndexBufferでバッファオブジェクトを作成します。

IndicatorBuffers でインディケーターの数を指定します。

SetIndexBuffer でインディケーターとバッファを結び付けます。

Calculate関数はローソク足完成時とローソク足が変化した時に実行されます。



前回の0時の線が表示されなかったのは
SetEmptyValue関数を実行していなかったのでSetEmptyValue(0)となっていたからです。
この関数で設定した値とバッファの値が等しい時は線を表示しない仕様のようです。
SetEmptyValue(24) とした結果です。0時も表示できました。
 


SetEmptyValue(6)で以下のようになります。
 
 

SetEmptyValueは1度実行するだけなのでInitに追加しました。

 
その1 その3

PR

トラックバック

トラックバックURL:

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字(絵文字)


forex tester2 販売
Forex Tester 2の購入はこちらから。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア



最新記事
最新CM
[09/04 Tyroneket]
[08/24 名無しのリーク]
[06/17 名無しのリーク]
[04/30 kob]
[04/29 TimhyTevy]
[04/16 toko]
[01/10 vzgwwzhisz]
[01/09 よしあき]
[12/09 pcvrhhtbnc]
[12/03 Arofukoe]
最新TB
RSS
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
プロフィール
HN:
fx練習生
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/04/03
職業:
夢は専業トレーダー
趣味:
fx
自己紹介:
fxの専業トレーダーになって経済的自由と時間的自由を手に入れたいです。
自分で売買ルールを作成してテストして自信をもってリアルトレードしたいです。
P R