忍者ブログ

forex tester2のインディケーターを自作

fx(外国為替証拠金取引)のトレードの練習やルールの検証をForex Tester 2というソフトでしてみます。 Meta Trader4(MT4)のインディケーター(indicator)をForex Tester2用に移植できたらしてみます。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


とりあえずコンパイル

最初から入っているコードを実際にコンパイルしてみましょう。

コードの準備
今回はMoving Averageをコンパイルしてみます。
C:\ForexTester2\Examples\Indicators\Delphi の中にコンパイル用のファイルが入っているので新規フォルダにコピーします。
どこでもいいのですが
C:\ForexTester2\Examples\Indicators\Delphi\test を作成してそこに3つファイルをコピーしました。


ほかのテクニカル指標のコードはC:\ForexTester2\Examples\Indicators\Delphi\IndicatorsSrc の中に入っています。

*.pas はどのテクニカル指標をコンパイルする時でも必要と思われます。特に変更は加えません。
*.dpr が指標のコードです。



Lazarusを起動します。
最初に表示されるプロジェクトを閉じましょう。


ファイルから新規プロジェクト... を選択してMovingAverage.dpr を選択しましょう。


Noをクリックします。


ライブラリを選択します。


コードが表示されます。既存のMovingAverageとダブらないように少し変更します。
4行目 ライブラリ名を変更 library MovingAverageTest;
20行目 インディケーター名を変更 IndicatorShortName('Moving average TEST');

パッケージを追加します。


+をクリックします。


LCLを選択します。


追加されました。


コンパイルオプションを変更します。


Delphiを選びます。
 

コンパイルしてみます。すべて構築 を選びます。


エラーになりました。


コードを変更します。 7行目を追加しました。
 

再試行するとコンパイル成功しました。


MovingAverage.dllができています。 ほかの追加されたファイルは無視です。
 

名前をMovingAverageText.dllに変更してC:\ForexTester2\Indicators にコピーします。
Forex Testerを起動してインディケーター追加を確認すると追加されています。

 

PR

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

jrremgpsfyuftufs, <a href="http://www.nqhfhgcnce.com/">mwolgzlczq</a>
tkbabgpsfyuftufs, http://www.znpyrsojmo.com/ vzjfrhtada

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字(絵文字)


forex tester2 販売
Forex Tester 2の購入はこちらから。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア



最新記事
最新CM
[09/04 Tyroneket]
[08/24 名無しのリーク]
[06/17 名無しのリーク]
[04/30 kob]
[04/29 TimhyTevy]
[04/16 toko]
[01/10 vzgwwzhisz]
[01/09 よしあき]
[12/09 pcvrhhtbnc]
[12/03 Arofukoe]
最新TB
RSS
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
プロフィール
HN:
fx練習生
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/04/03
職業:
夢は専業トレーダー
趣味:
fx
自己紹介:
fxの専業トレーダーになって経済的自由と時間的自由を手に入れたいです。
自分で売買ルールを作成してテストして自信をもってリアルトレードしたいです。
P R